クローゼット編

突っ張り棒で収納量増加

クローゼットや押し入れ内の空間を有効活用できていないと感じたら、突っ張り棒を利用することをお勧めします。
突っ張り棒は100円ショップなどでも売っていますから、ずい分と手に入りやすくなりました。

丈の長い洋服をハンガーでつるす場合はそのままでいいですが、丈が短いトップスやバッグ、子供服などをしまうときは、真ん中ぐらいの高さで横に突っ張り棒を取り付けると収納が2倍に増えます。

ハンガーラックでクローゼット作り

一人暮らし向けの住宅の中には、クローゼットや押し入れが十分にないことも珍しくありません。
そのようなときでも、突っ張り棒を使用する方法は有効です。

ポールだけでできたハンガーラックは安いものなら数百円代からありますので、それを利用しましょう。
カバー付きなどもありますが、まずはポールのみのものを部屋のスペースに合わせて用意します。

壁に密着するように沿わせてハンガーラックを配置したら、カーテンやカーテンの代わりになる大きな布を使用して目隠しをすればクローゼットのできあがりです。
ハンガーラックに洋服をかけたとき、上半分しか活用できていないと思ったら、下にカラーボックスを設置して、その中に突っ張り棒を付けて洋服をかけることもできます。
ハンガーラックをいくつも横に並べるような場合は、カラーボックスも複数置いて、その間に突っ張り棒を使用するのもいいかもしれません。

応用範囲の広いカラーボックス

カラーボックスも、クローゼットの収納に大活躍するアイテムの1つです。
布製などの引き出しがホームセンターなどで売られていますので、カラーボックスの中に入るサイズを探して入れて使用するというアイデアもあります。

カラーボックスは1つ数百円などから売られていますので、デッドスペースを有効活用したいときの強い味方です。
布製などの引き出しはカラフルなものや花柄などデザインも豊富なので、気分をガラリと変えて部屋の模様替えをしたいときも便利です。

大人はもちろんのこと、ポップな色調のものは幼いお子さんもお片付けが好きになってくれるのではないでしょうか。
シックな色合いのものもありますので、お店で実際に見てみてください。

収納のしやすさ

引き出しというと以前は横に平たく重ねる方法が一般的でしたが、近年は収納量が増えるということで、縦型収納が台頭しつつあります。
底の方に一度しまわれてしまうと、なかなか出番がないままシーズンが終わってしまう洋服もありましたが、縦型収納ならこの問題が起こりにくいというメリットがあります。

引き出しの高さを意識したサイズに洋服を折りたたみ、あとは立てるだけです。
すぐに始められますので、まずは引き出し一段から実際に試してみてはいかがでしょう。

Comments are closed.