お風呂掃除の裏ワザ

カビ取り

お風呂は水を使用する場所なので、どうしてもカビが生えやすくなります。
市販のカビ取り剤を使ってもなかなか落ちないというときは、洗剤はカビに浸透されなければ効果を発揮しにくいというポイントを思い出してください。
カビ取りをするときに余分な汚れを取り除くために風呂場掃除をしてから取り掛かる方が多いのですが、そのままでは水分が付着していますので、水分を取り除いてからか水分がついていないときにカビ取りスプレーを吹きかけるようにしましょう。

スプレーを吹きかけてからすぐに水で洗い落としてしまうと、洗剤の成分がカビに浸透する時間がありませんので、しばらく放置するようにしてみてください。
しぶといカビでしたら、取り扱い説明の内容の範囲内で長めに放っておくようにします。
半日くらい放置することが可能な洗剤でしたら、そのくらい置いておくとよく落ちます。

半日となると長いので、夜寝る前にカビ取り剤をスプレーし、翌朝起きてから水で流すという方法もあります。
時間が長いので乾燥してしまわないように、トイレットペーパーにしみ込ませたもので湿布をし、さらにラップフィルムでおおっておくと乾燥を防げます。

キッチンペーパーでもよさそうな感じがしますが、トイレットペーパーを選んだ理由は水で溶けるからです。
間違ってキッチンペーパーなどの紙を流してしまうと排水溝が詰まる心配がありますが、トイレットペーパーならそのまま流しても詰まることはありません。
最後は取り扱い説明に従って、水でカビ取り剤を洗い流すなどしてください。

お風呂場の排水溝掃除

お風呂場の排水溝が詰まってしまうと、水が流れなくなるだけでなく悪臭の原因にもなります。
酢と重曹を使用して掃除する方法がありますので、ご紹介しましょう。

2分の1カップほどの重曹を排水溝に振りかけ、同じ量の酢と40℃近いお湯を用意し流し入れてください。
酢と重曹が混ざり合うと反応を起こすので、すぐにブクブクと泡だってきます。
30分ほどそのままにしてから、お湯で洗い流してください。

毎日のひと手間

お風呂にカビを生えにくくしたい場合は、使い終わったあとに水を壁にかけてからあがる方法が効果的です。
使用したあとの風呂場は温かくて湿気が高いので、カビが繁殖しやすい条件が整っています。

風呂の壁に冷水をかけるだけで温度が下がりますので、カビ取りの頻度を減らすことができます。
泡などの汚れが付着しているとカビのエサになりますので、落としておきましょう。

ちなみに、お風呂から上がるときに足首に水をかけると湯冷めしにくくなって風邪予防効果があります。
足首にかけてそのまま風呂場の壁にも水をかければ、カビと風邪予防の両方ができます。

Comments are closed.