自宅での洗車方法

車を綺麗にすることは大事

車好きという方はは愛車を常に綺麗にしていくる洗車が作業としても楽しいと感じることでしょう。
ただ冬場に大掃除をしていく中で、車を綺麗にすることは大変と感じてしまう方もいます。
しかし洗車は非常に重要で、車のエンジンなどの不備が生じていかないようにするために日頃から行うことが重要となります。

そして愛車が綺麗になっていくことは、自身の愛車の状態をしっかりと把握していくことができます。
傷が車についていないか気にしてしまう方は、自宅で洗車をしていきたいところでしょう。

よくガソリンスタンドなどで設置されている自動で可能な機械洗車を行うと、さらに傷をつけてしまう危険性もあります。
機械によってブラシが塗装をこすってしまい、より傷を酷くさせてしまうこともあります。

自宅で車を綺麗にするベストな環境

洗車を行っていく中で冬場などでは体にきつさを感じてしまうかもしれません。
天気としては風が強くなっている日であったり、太陽がギラギラと照りつけているような日中などに行うは避けた方がいいでしょう。

とりわけ風が強く吹きつけているような日は、汚れとして砂やホコリといったものが洗車をしている最中に、次々と車のボディへと降りかかるようになります。
気づかないで洗車をしていこうとなると、スポンジなどでゴシゴシ洗ってしまうことになりますので、あっという間にボディが傷だらけの状態となってしまいます。
そのため理想的な天気として、雨が降ることが予想されない曇っている日であったり、晴れたとしても朝方や夕方といった過ごしやすい環境で行うのが良いでしょう。

洗車を行う用具を揃える

最初に洗車をする上では水が必要不可欠です。
水というのは大量に利用できるのに越したことはないので、コストダウンのことを考えて洗車場を活用するよりも自宅で行っていくといいでしょう。
水は洗浄力が非常に高くなっていますので、ケチらないでどんどん使っていきましょう。

その他にもカーシャンプーやスポンジ、吸水力が高めのマイクロファイバーを利用した柔らかいタオルや人工セーム皮といったものも理想的です。
吸水性が高いタオルなどを用意していくようにしましょう。
バケツで一回濡らしてから、きつく絞って拭いていくといいでしょう。

自宅での洗車での流れ

最初にタイヤやホイールを洗浄していきますが、一番汚れている部分といっていいでしょう。
どうしてもホイールを最後にしてしまうと、泥や砂が徐々にボディへと飛び散りますので、ホイールを再優先にするのが大事です。

手が届く範囲で、4つのホイールの内側も一緒に綺麗に洗っていきましょう。
次に下回り洗浄を行い、前後のバンパーの底面やサイドステップの底面を洗っていきます。

そこからボディを洗浄していくことになりますが、強めに水をかけていきましょう。
ボディに載った状態となっている砂やホコリなどを綺麗に流していきましょう。
特にドアハンドルなどが汚れていますので、すぐに流すようにしましょう。

Comments are closed.