バイクの洗車方法

バイクは汚れが目立つ

どうしてもバイクというのはエンジンの部分が外へ剥き出しの状態になっていたり、メッキの部分が多くなっていたりと綺麗にしなければならない汚れが色々と目立ってくるものです。
スチール部分も多くなっていますので、放ったままだと錆びついてしまうこともあります。
バイクの洗車方法や汚れ、そして錆が出ないように洗車を行っていくようにしましょう。

洗車というのはメンテナンスにおける基本となっていますので、しっかりと常に行っていかなければなりません。
実際にバイクを洗車していくと実に楽しく、ついつい朝からスタートをして気がついたらもう夜になったということも当たり前になってしまいます。

洗車を行うことは愛車が綺麗になっていくのですが、どうしてもバイクについてしまう傷や錆などをチェックしていくこともできます。
普段よりバイクのコンディションを把握することができますので、隅々までバイクを確認していきましょう。
これで事前にトラブルの種を確認していくことができるようになっていきます。

水を利用してバイクを洗車する

水を利用してバイクを洗車していくことが通例となっていますが、バイクというのは電装部品が色々とあります。
そのため水がバイクへかからないように事前に対処をしていかなければなりません。

水を使わないで綺麗にしていかなければいいのではと思いますが、バイクは水洗いを行うことで汚れが浮かんでいきます。
そしてスッキリと最後に洗い流していくことができるようになります。

電気系統にダメージが入るのではと水を掛けていくことに躊躇してしまう気持ちもあるでしょうが、バイクの洗車で重要なのは水分を水をかけてからキッチリと取っていくことなのです。
この基本を守っていけば怖いことはありません。

水分を飛ばしていく方法として、コンプレッサーがショップで提供されていますので、キッチリと水分を飛ばしていくことができます。
時間もさほどかかりませんので、拭き取っていくのと一緒に対応していきましょう。

バイクの洗車方法を理解する

これからバイクを洗車していこうとする時、洗車の手順を事前に確認しておきましょう。
最初にバイク全体を水をかけていき、汚れを浮かしていくようにします。
大きい目立つ泥汚れなどを綺麗にここで流していくようにしましょう。

次にバケツへ洗剤を入れて泡立てていき、スポンジを利用して上から下へと綺麗に洗っていきます。
柔らかいスポンジを利用していくのがポイントとなっています。
エンジン部よりも下のところはブラシなどを活用して洗っていきますが、ここでは古い歯ブラシなどを利用すると便利になるでしょう。

下手に強めにこすっていくと機械なのでダメージが与えられてしまいます。
またエンジン部が熱くなっていないかをチェックして、火傷をしないように対応していきましょう。

Comments are closed.