エアコン掃除

エアコン掃除は室温の管理だけでない

寒さや暑さに負けないために活躍してくれるのがエアコンです。
しかしエアコンは長く利用していくことによってホコリなどを貯めてしまうことがあります。
大掃除をする際には手入れということで清掃を入念に行っておきましょう。

エアコンはどうしても汚れたままの状態にしていると、風を出すフィルターの部分が詰まっていってしまいます。
こうなるとエアコンの性能が徐々に低下いきますので、電気代を余分にかけてしまうことになります。
フィルターの中でダニやカビといった菌が増えていきますので悪臭を発していき、アレルギーを抱えている人は厳しくなってしまいます。

フィルターを綺麗に掃除する

エアコンの掃除を行っていく時には、送風を行う際に重要なフィルター部分を中心に綺麗にしていくようにしましょう。
掃除を行う流れとして、最初にエアコンの電源をオフにしておきます。

そしてエアコンからフィルターを取り出し、ホコリを掃除機を利用して取っていきましょう。
数分もあればフィルターから綺麗にホコリなどを取り除いていくことができますので、丁寧に全体的にフィルターにかけていくようにしましょう。

どうしてもエアコンのフィルターというのは空気中に漂っているペットの抜け毛であったり家族や自分の髪の毛、さらには普段の生活をしている中で発している空気中に漂っているチリやホコリなどが徐々に堆積していきます。
どうしても掃除機でフィルターから取り除いていくことができなかったホコリなどはブラシなどを併用していき、念入りにフィルターから取り除いていきましょう。

掃除をある程度行ったところで、フィルターの洗浄を行います。
洗剤を利用して洗っていきますが、薄めている状態の台所で使う中性洗剤を利用して歯ブラシやたわしへとつけていき清掃していきます。
その後でフィルターを十分に乾燥させていくようにして、水分を完全に飛ばしていきましょう。

エアコンの本体を掃除する

エアコン本体を次は掃除していきますが、エアコン本体に溜まってしまった汚れを綺麗にしておかなければなりません。
長く利用をしていれば、エアコン本体も汚くなっていきますので、全体的に掃除をしていくことが重要になっていきます。

ホコリなどを除去していくことになりますが、最初にエアコンの前面パネルを開けていきます。
そこで色々なホコリを確認することができたら、綺麗に掃除機で吸い取るようにしていきましょう。
エアコンの上部へと蓄積していったホコリについては、掃除機を活用して丁寧に全体的に吸い取っていくようにしましょう。

そして仕上げへと移っていきますが、ダイニングもしくはキッチンにあるようなエアコンでは、油汚れなどを考慮して住宅用の洗剤を利用していきます。
その後で水拭きや乾拭きを行っていき、エアコンを綺麗にしていきましょう。

Comments are closed.