洗面所編

洗面所は意外と収納が少ない

洗面所に置いておけると便利なものは色々あるのに場所が足りないということが多くあります。
朝の身支度やお風呂上がりというのはすぐに欲しいものが取れる方が便利です。
時間短縮や寒い思いを最低限にすることができると、小さなことですがストレスが大幅に減ります。

そこで考えたいのが、お風呂場の収納をうまく使いこなすことです。
今ある収納も上手に工夫すれば収納できるものを増やすことができます。
また、さらにデッドスペースを上手に活用すれば収納できる場所を作ることもできるのです。
そこで、ここではこの二つの収納するものを増やす方法と、収納できる場所を作る方法とを紹介していきます。

まずは収納したいものと収納のサイズとを確認しよう

洗面所の収納が少ないということで、とりあえずものを突っ込んでいるという人も多いです。
これでは収納の中に何があるかわかりませんし、使い勝手も悪く環境としてはよくありません。
そこで、まずは収納内にあるものを全て引っ張り出して入っているものを確認しましょう。

確認すると、意外と洗面所に不要なものがあったり、他の場所に置いた方が便利なものがあったりします。
そこで、まずはこれらのものを避けて、本当に洗面に置きたいものを吟味しておくのです。
それが終わったら、どこにどれを入れれば良いのかを考えていきます。

多くの場合、洗面台の下の収納というのは扉を開いた中は特に仕切りもなく大きなスペースとなっています。
ここに上手にものを入れることができれば収納場所が広がり解決することが多いです。
最近ではホームセンターで色々な収納場所を広げるアイテムがあります。
このような収納アイテムや棚を入れたりして場所を確保していきましょう。

それでも足りなければスペースを作る

このように棚を入れて計画的に収納にものを入れてもまだものが収まりきらないことがあります。
そのような時には壁の空きスペースに新たな収納を作ったり、洗濯機横のような小さなスペースに収納を入れたりしてさらに収納スペースを作りましょう。

最近では画鋲で取り付けられる簡単な家具も販売されています。
もちろん画鋲で止めるので、重たいものは収納できません。
しかし、ちょこちょことして小さなものはそこに収納でき、それだけでもスペースが拡大できます。

ただ、そのような新しいスペースにまで家具を追加すると圧迫感が出ることがあります。
そこは、色を統一したりスッキリ見えるように収納するものを厳選したりして調整をしましょう。
特にタオルを目立つ場所に収納する場合には色を統一してホテルのようなたたみ方をするだけで一気にスッキリします。
ホテルのようなタオルのたたみ方はネットで調べればすぐにわかりますから挑戦してみましょう。

Comments are closed.